ロゲイニングとは?

ロゲイニング(ROGAINING)とは、地図に記載されたポイントを探しだすオリエンテーリングと宝探しゲームを組合わせたようなアウトドアスポーツです。1970代にオーストラリアで始まった比較的新しい競技ですが、誰にでも楽しめる手軽なスポーツとして近年日本でも急速に人気が広がっています。どのポイントをどういう順番で回るかは各チームで決め、制限時間内でできるだけ高得点を取るのが目標です。走力だけではなく、チームワーク、読図力、そして作戦もロゲイニングの大事な要素で、このスポーツの特徴と面白さでもあります!

御岳、沢井ってどんなところ?

東京都青梅市の西側、奥多摩町の隣りに位置します。

ここを通るJR青梅線は「アドベンチャーライン」とも呼ばれており、奥多摩や青梅の山へのハイキングやキャンプ、多摩川でのラフティングやフィッシング、ボルダリングなど、東京からほど近いアウトドアアクティビティのメッカとして人気です。

御岳にはケーブルカーでも登れる御岳山があり、御岳神社詣でや宿坊泊、秋の紅葉などいつでも観光客やハイカーで賑わいます。

御岳のすぐ隣りにある沢井は水が美味しいことで知られており、江戸時代から続く銘酒「澤乃井」を醸造する小澤酒造があります。多摩川遊歩道の散策を楽しんだ後は、美味しい日本酒と豆腐料理を味わうことが出来ます。今回の大会の翌日に予定されている蔵開きには大勢の日本酒ファンが集まります。

Q: 初心者です。地図もあまり読めないけれど参加できますか?

 

A: はい、大丈夫です!

チェックポイント(CP)は道路上にある観光スポットなどもあるので、ふつうに観光地めぐりをするのと同じ感覚でポイントを探すのも楽しいです。もちろん地図読みの経験があれば、山の中にある難しいポイントを地形を頼りに探すことができるので、さらに高得点をゲットできます。

 

 

Q: 参加するには何が必要ですか?

 

A: コンパスとカメラが必須です。

ご自分で用意して頂くのは、コンパスとカメラ(またはカメラ付き携帯やスマホ)と腕時計。その他の持ち物はこちらのページの一番下「持ち物」をご確認下さい。

 

 

Q: どんなチームを組んだらよいのですか?

 

A: お友達やご家族など、気の合う仲間と組むと楽しいです。

チームメンバーの人数は2~5人、6時間部門は男子、女子、男女混合、4時間部門は一般、ファミリーに分かれています。子供からおじいちゃん、おばあちゃんまで、誰でも参加できるので、家族で参加するのもよし、職場の仲間同士や、カップル、いつもの遊び仲間や、学生時代のクラスメートと同窓会のノリでなど、気の合う人に声を掛けてみて下さい。なお、高校生以下は18歳以上の大人同伴チームでご参加下さい。

 

 

Q: 子供も参加できますか?

 

A: チーム登録は小学生以上、未就学児も参加OKです。

中学生以下のお子さまと参加するならファミリーチームで。赤ちゃんをベビーカーに載せて参加して頂いても大丈夫です。制限時間をどのように使うかは参加チームの自由なので、疲れたら街かどの喫茶店でスイーツを頂きながらひと休みもアリです。なお、20歳未満の未成年者は保護者の同意を得てご参加下さい。

 

 

Q: 走らないとだめですか? 歩いてもいいんですか?

 

A: ずっと歩いて回ってもぜんぜんOKです!

チームメンバーの体力や体調に応じてペースは柔軟に決めて下さい。スタート前の戦略が大事なので、まずはメンバーでじっくり回る順番を決めて、無理なく効率良くポイントをゲットして下さい。

 

 

Q: 公共交通手段を使っても良いのですか?

 

A: 競技エリア内の電車とバスが利用出来ます

競技エリアでの移動は、徒歩以外に電車とバスの利用が認められています。あらかじめ時刻表を確認して効率良く利用するのも戦略のひとつです。なお、車、バイク、タクシー、自転車など利用不可です。また、競技エリアを越えて電車やバスはご利用になれません。

 

 

Q: ポイントはどんなところに設置されているのですか?

 

A: 道路に面した観光ポイントから、山奥のチャレンジフラッグまでいろいろです。

簡単なポイントは低い得点、遠くてたどり着くのが大変なところや、地形を読み込んで探さないといけない難しいポイントは、比較的高いポイントを割り当ててあります。ご自分のチームの体力と読図力を客観的に把握して、無理のないポイントを狙いましょう。

 

 

Q: 「戦略を立てる」ってどういうこと?

 

A: ラクに効率よくポイントをゲットするためのプランニングです。

地図とポイント一覧表が配布されるので、まずはチーム内で作戦を立てましょう。要は制限時間を目いっぱい使って高得点のポイントを集めるのがルールですから、回る順番は問いません。よく考えずに滅茶苦茶に走り回っても無駄な動きで疲れるだけ。全部のポイントを獲得するのは基本的に不可能なので、最初に地図と各ポイントの得点をチェックし、チーム内で狙うエリアやポイントをしっかり決めてからスタートするのが大事です。スタートとしたら時々休憩を取ったり、景色を楽しむ余裕も大切です。

 

 

Q: 制限時間に間に合わないとどうなりますか?

 

A: 1分遅れると30点のペナルティー、20分以上遅れると失格になります。

4時間部門、6時間部門とも、それぞれの制限時間に1秒でも遅れると、せっかく獲得した大切なポイントが目減りしていきます。1分遅れるとマイナス30点、1分15秒遅れるとマイナス60点(><)!20分以上遅れると失格になってしまいます。

 

 

Q: 開会式、閉会式はどうなりますか

 

A: 開会式はなく受付後の五月雨式スタート、閉会式もありませんが上位入賞チームの表彰と全員対象の抽選会があります!

コロナ対策で密を避けるため、朝の開会式はなく、チームごとに各部門で定められた時刻内に自由にスタートします。

各チームのゴール後はポイント入力表を提出したら自由解散ですが、上位入賞チームの表彰と、参加者全員を対象とした豪華賞品の抽選会があります♪ お時間に余裕のある方は、密を避けて結果発表まで会場でお待ち下さい!